Googleしごと検索に求人情報を掲載してみた

スポンサーリンク

Googleしごと検索とは

Googleしごと検索(Google for Jobs)は、2019年1月23日に日本でサービスが提供されました。どんなサービスかというと、Googleの検索結果にWebサイトで掲載している求人情報が表示される、ということです。

クリックで大きく表示できます
クリックで大きく表示できます

Googleしごと検索に求人を掲載することで、求職者との接点を増やし、応募までの動線を設計することが可能となります。

スポンサーリンク

応募の動線

WEB上の動線(求職者目線)としては、

①求職者がGoogleで求人を探す。
検索例)
「福岡市博多区 バイト」
「福岡県 事務」
「福岡市 転職」
「求人 フリーランス」

②Googleしごと検索内で募集内容を比較検討する。

③気になった募集内容のうち、募集元のWEBサイトへのリンクをクリックする。

④(仕事内容・条件に興味があったら)応募する。

という流れですね。補足としては、求職者はGoogleしごと検索内で応募はできない、ということです。応募するのであれば、募集元のWEBサイトへ訪れて、応募フォームに必要事項を打ち込むなど必要です。

Googleしごと検索に掲載してみた

物は試しで、早速掲載してみました。

Googleしごと検索内で
福岡市南区横手 WEBディレクター」
と打ち込めば求人が出ます。直接のリンクはこちら

2019/5/9現在、求人情報が消えていることを確認しました。もしかしたら、「validThrough(=求人情報の期限)」を設定していなかったためかと思われたので、修正の上、再度登録作業を行いました。→その後、反映されました。


クリックで大きく表示できます
クリックで大きく表示できます

「アナベスクで応募」をクリックすると、あらかじめ用意した応募ページにリンクします。


※実際、本サイトで求人は行っていませんので、応募はされないようお願いいたします。

スポンサーリンク

掲載する方法

Google しごと検索に求人を掲載するためには、大きく分けて2種類あります。

求人媒体に出稿する

Googleしごと検索に対応した求人媒体がありますので、出稿する=自動的にGoogle しごと検索に掲載される、という流れになります。先程の「応募の動線」で例に出しますと、

①求職者がGoogleで求人を探す。

②Googleしごと検索内で募集内容を比較検討する。

③気になった募集内容のうち、募集元のWEBサイトへのリンクをクリックする。

④(仕事内容・条件に興味があったら)応募する。

③の「募集元のWEBサイト」が求人媒体のサイトで、そのサイトで④のように応募する流れです。例えば、貴社が「はたら○く」に出向しているなら、


Google しごと検索で求職者に貴社の求人を見つけてもらって、
「はたら○く」のサイト内の貴社の求人ページに誘導させ、
「はたら○く」のサイト内で応募してもらう

という流れです


※Google しごと検索に対応した求人媒体かどうかは、媒体担当者様に直接お尋ねください。

自社サイトにて構造化データのマークアップを行う

簡単に言いますと、自社サイトの求人ページが、Google しごと検索に対応するよう調整する、ということです。この方法なら求人媒体を頼らずに(求人費をかけずに)、Google しごと検索に掲載すること可能です。

①求職者がGoogleで求人を探す。

②Googleしごと検索内で募集内容を比較検討する。

③気になった募集内容のうち、募集元のWEBサイトへのリンクをクリックする。

④(仕事内容・条件に興味があったら)応募する。

③の「募集元のWEBサイト」が自社サイトの求人ページで、そのまま④にて自社サイト内で応募する流れです。


Google しごと検索で求職者に貴社の求人を見つけてもらって、
貴社の求人ページに誘導させ、
貴社の求人ページに 内で応募してもらう

となります。


※Googleしごと検索に対応するための作業は、サイトを管理している制作会社や代理店にお尋ね下さい。

ちなみに自社サイトで対応する場合、Googleアナリティクス内で流入数が閲覧できます。つまりどれだけの人数がGoogleしごと検索内から自社ページにリンクしたかが把握できるので、サイト内にGoogleアナリティクスを設置している方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

最後に

今回上記の「自社サイトにて構造化データのマークアップを行う」方法で、登録を行いました。反映までに数日かかりましたが、HTMLの仕組みを理解している方でしたら、そこまで難しい作業ではないかと思われます。
ぜひお試しください。

タイトルとURLをコピーしました